色からのアプローチ(2) 最も強力な色



私を含め、デザインを生業としていない人は、色のセオリーに乗っ取ってデザインするのが難しいと感じているのではないでしょうか。

その辺の解説については本やサイトが山のようにあると思うので、理屈から入るアプローチはそちらに譲るとして。ここでは色を感じてみようと思います。

色を感じる良い題材を見つけたので、紹介します。



j130828-2.jpg
画像クリックで原寸が開きます

The Most Powerful Colors in the World - COLOURLovers

j130828-3.jpg
画像クリックで原寸が開きます

世界の有名企業100社のロゴを色相順に並べた図です。

正解が何かという話ではなく、私が感じたことをを書きますね。


1.ブルー系が一番人気

日本人でも馴染みのあるものだと、Facebook、Twitter、Skype、Microsoftがまさにブルー系です。最近よく目にするようになった、WordPress、Tumblrもブルー系です。IBM、DELL、HP、SAMSUNG、intelといったパソコン関連のメーカーもブルーだし、家電や車、薬のメーカーにもブルーは人気のようですね。


2.赤も人気

赤でまっさきに私が思い当たったのは、YoutubeとAdobeですね。こうやって赤のロゴを眺めていると、メラメラしたイメージが沸いて来ませんか? なんかこう…じっとしていられない感じ。

CNNやBBCといったニュースのメディア、Ask、About.comなどの物ではなく情報を扱う企業が赤を使っているというのがポイントかもしれません。

日の丸の色なので、日本の企業は赤いロゴがとても多いと思います。経験として、金赤(マゼンタ100%+イエロー100%)は中年以上(というか高齢者かな?)の男性が好む傾向が強いですね。


3.緑色は少ない

以前このブログで、2013年のトレンドカラーはエメラルドグリーンだと書きました。現在、このブログもグリーン系にしてあります。でも、グリーンにするとき、実はかなり迷ったんです。木々や草花の緑色は美しいのだけど、ウェブデザインで緑色を美しく使っているサイトに出会ったことがなかったので、素人の自分が手を出すべきではないのではないかと思いました。結果、やっちゃいましたけど(笑)。

紙媒体においては、緑色を前面に出すデザインは敬遠される傾向にあります。理由は簡単。他の色より目立たないうえに、美しく見えないからです。コンビニや本屋さんで雑誌の表紙を見て歩けば、分かると思います。

今回、ウェブでも同じなのかなと考えさせられました。


4.紫色は少ない

紫色も扱いにくい色です。Yahoo!はあえてそこを突いてきてるんですね。穴場狙いってことでしょうか。
AEONの色は、私の個人的な印象としては、好きじゃないですね。テレビ画面があの紫色一色になった瞬間、何だか落ち着かない気分になってしまいます。

5.テトラード配色は少ない

黄・赤・青・緑という色の組み合わせのことです。初心者が陥りがちな間違いとして、色を使いすぎる傾向がよく挙げられます。GoogleやMSNのような世界を席巻する大企業なら、一流のデザイナーも抱えているでしょうし、問題なくやってのけるわけですが、センスに自信がない人が手を出すのは賢明ではないでしょうね。


とまあ、こんなふうに、世の中に色はたくさん溢れているのですが、色ごとに眺めてみると、カッコイイと思えるもの、あまり好きではないと思えるものの傾向が見えてきませんか?

ロゴに限った話ではなく、ウェブデザインでも考え方は同様だと私は思っています。


タイトルにある「世界で最も強力な色」とは、何だと思いますか?
答えは、それぞれの頭の中に沸いてきましたよね?^^

今日の記事が、あなたのデザインの参考になれば嬉しいです。

← 読んだよ♪の印にクリックお願いします。

[こんな記事も書きました]

[参考リンク]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373135177

※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


SPONSORED LINK