この色をあと10%暗く(明るく)したい

2014/03/01
ウェブデザインを作っているときに、「この色をもう少し暗く(明るく)したいんだよなー」と思うことってよくありますよね。今日は、そんなときに使えるカラージェネレイターをご紹介します。 サイト自体は英語ですが、直感的に操作でき、とても簡単なので、ぜひトライしてみてくださいね。 SPONSORED LINK それじゃ、いきますよ。Hex Color Toolというサイトを使います。 Hex Color Tool 最初の画面。ものすごくシンプル..

続きを読む

色からのアプローチ(4) True Colors-2/2

2013/09/25
[追記] 2013.9.27 1つ図を飛ばしていました。すみません!<(_ _)> 一番最初に追加しました。 * 色からのアプローチ(3) True Colors-1/2の続きです。 消費者の反応 人々は、異なる色にどんなふうに反応するでしょうか? 色はそれぞれ異なった反応を引き出します。 研究はそれぞれの色がどう私たちに影響するかを明らかにします。 業種 左から順に、 エネルギー、金融、航空、飲食、家..

続きを読む

色からのアプローチ(3) True Colors-1/2

2013/09/17
前回は何となく色を眺めるスタンスでしたが、今回はちょっとお勉強モード。ちょっとだけね。^^ ロゴについての情報や解説が満載のLogoblink.com(英語)というサイトで、デザインが見やすくて美しく、色に関する読み物として有益なものを見つけたので紹介します。 Infographic: colors of world brands - Logoblink.com いつものことですが、日本語訳は機械翻訳に頼り切っている意訳です。実は、よく分から..

続きを読む

色からのアプローチ(2) 最も強力な色

2013/08/28
私を含め、デザインを生業としていない人は、色のセオリーに乗っ取ってデザインするのが難しいと感じているのではないでしょうか。 その辺の解説については本やサイトが山のようにあると思うので、理屈から入るアプローチはそちらに譲るとして。ここでは色を感じてみようと思います。 色を感じる良い題材を見つけたので、紹介します。 ・ ・ 画像クリックで原寸が開きます The Most Powerful Colors in the World - COLO..

続きを読む

色からのアプローチ

2012/03/29
「配色サンプルを作る」を書き始めてから、すっかり色からのアプローチが楽しくなってしまいました。 で。まさに色からwebデザインにアプローチするサイトを見つけて、とっても楽しくなっちゃったので、みなさんにもご紹介します♪ Colors - CSSMania http://www.cssmania.com/colors/ 英語サイトだけど、色のコードだけわかれば…いや、コードなんて知らなくても、気に入った色をクリックするだけで楽しめるから大丈夫♪ C..

続きを読む

配色サンプルを作る(3)

2012/01/15
前回まではこちら配色サンプルを作る(1) 配色サンプルを作る(2) AdobeのKulerは人が作った配色を参考にするものでした。単に配色を作るだけのものは他にもあります。今日はその一例をご紹介します。 HTML Color Combination Chooser - Web Design for Developers http://colors.napcsweb.com/colorschemer/index.html 英語ページですが、英語がわから..

続きを読む

もっと見る